X-E4に似合う中華系MFレンズ2本。25,000円で買えました!

X-E4に似合う中華系MFレンズ2本。25,000円で買えました!

X-E4に似合うコンパクトな中華系レンズを2本買ったので紹介します。 

Xマウントの中華レンズはだいぶ増えましたが、格安でお買い求めやすいのでかなりおすすめです。

スポンサーリンク

X-E4 × TTArtisan 25mmF2 | 超コンパクトなパンケーキレンズ

X-E4にはやっぱりコンパクトなレンズが似合います。

TTArtisan(銘匠光学)は中国のメーカーで良い感じのレンズを結構出しているメーカーです。(雑)

このレンズの特徴は

  • パンケーキレンズ
  • マニュアルフォーカス
  • 質感がそこそこ良い
  • 価格が安い!(8,000円くらい)

購入したポイントは価格。8,000円だったのでまあ買ってみるか…くらいの勢いだったのですが届いたレンズを見ると思いのほか良くて驚きました。

写りも良くてAFが付いていない分レンズの質感と写りにはこだわれているのかなと思いました。

1点微妙なところはレンズキャップです。

フィルターの溝にねじ込むタイプなのですが、回すのが面倒なのと薄いので多分なくすと思います。

金属っぽいので回すときの音も少し苦手です。

使った印象はピントリングは少し硬め、でも問題ないレベルという感じ。

TTArtisan25mmF2 写真作例

自宅や車から撮った写真ばかりですが、青が結構綺麗だなと思います。

この初撮りの時点で結構良いなと思ったのですが、もっときちんと撮りたいと思って二日連チャンで使いました。

TTArtisanからは最近27mmF2.8のAFレンズも発売されましたが、こちらを選んでよかったなと思っています。迷ったけど!また個別レビューします。

X-E4 × 7Artisan 35mmF1.2 | 逆光でゴーストも楽しめるオールド感

7Artisan 35mmF1.2とX-E4もすごく似合います。

円錐というか台形というか、先端に向かって尻すぼんでいるような形は、X-E4の小さなボディに似合います。

ピントリングは程よく使いやすいです。微妙なところは先端に絞りリングがあるところ。あとはクリック感のないタイプです。

イマイチなところはこちらもレンズキャップです。もうなくしました。

先端に被せるタイプなんですが、かるーく磁石でフィットするタイプではなくスポンジが付いているタイプです。すぐに取れるだろうなーと思っていたら1日でなくなりました。

僕は公園で子どもを撮ったりすることが多いので、いずれはなくしていたと思います。後悔はないですが、購入する方はお気をつけて。

7Artisans 35mmF1.2写真作例

正直まだ特徴はよくわかっていませんが、よくぼけてよく写る。良いレンズだなと思います。

こちらはもうちょっと使ってからまだレビューします。

中華レンズ×X-E4まとめ

「中華レンズってどうなの?ちゃんと使えるの?気になってるけどなかなか手を出せない。」と不安に思ってまだ手を出せていない方もいらっしゃると思います。

そんな方の不安を取り除いていけるようにまた少しずつ写真やレビューをアップしていきます。

ファーストインプレッション的な感想

個人的な感想としては、買いです。

Xマウントのレンズと比べるともちろん質感などは劣る部分もありますし、解像感は高くありません。
でも最近は解像感の高いレンズは当たり前になっているので、面白味がなく絶対に欲しいとはならないんですよね。

解像感の高いレンズを否定するつもりはありませんし、必要なモノだと思います。でもたまには雑っていうとあれですが、性能を上げすぎていない余力を残した曖昧なレンズみたいなのは持っていても良いんじゃないかなと思います。

オールドレンズをいまだに使う人が多いのも、現行レンズに飽きたとか、フィルムっぽさを求めたいとか柔らかい雰囲気、ゴーストを出したい、逆光耐性が弱いほうが良いとか、そういうのが好みっていう方もいると思うんですね。

だからそういう方には中華レンズのこのふわっとした感じは良いんじゃないかと思います。オールドレンズはマウントアダプターの分だけ大きくなりますが、中華レンズはXマウントなのでコンパクトに収まります。
そこのアドバンテージは自分的にはでかいなと思いました。

子どもを撮るなら特にコンパクトは最高です。

>>>X-E4をより使いこなすためのカスタマイズ設定やおすすめレンズまとめ